小学生が質問に来てくれました!

こんにちは、南中・丹中専門の個別指導塾の修徳ゼミナールです。

通常授業では小学生の授業が終わる時間が18時45分で中学生の授業が始まるのが19時15分で30分ほど余裕があります。

いつものように小学生の授業を終えて次の中学生の授業の準備をしているとドアが開いて、

「先生、学校の算数の宿題でわからないところがあるので教えて!」

と小学6年生のHさんが現れました。

彼女は塾から歩いて1~2分の近所に住んでいますが、今まで塾の無い日にわざわざ質問に来たことはありませんでした。

前向きな姿勢に嬉しくなりました。

少しヒントを出すと

「あっ、そうか!」

すぐに解き方が分かったようでした。

すぐに帰るかと思いましたが夕飯までまだ時間があるのでそのままここでやっていくとのこと。

「なんだぁ、簡単じゃん!」

とスラスラと問題を解いていきます。

ものの10分もしないうちに解き終えてしまいました。

「先生、ありがとう! もうすぐ夕飯だから帰るね。」

と片付けて帰っていきました。

教えていて一番うれしいのが生徒が前向きに取り組んでくれることです。

彼女にしてみれば塾の近くに住んでいてたまたま都合時いい時間帯だったので質問に来たのかもしれませんが、私にとっては本当にうれしい出来事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする