塾の役割

こんにちは、一宮の南中・丹中専門の個別指導塾の修徳ゼミナールです。

今回は塾の役割について少し考えてみました。

きっかけは今年の4月からパーソナルトレーニングに通い始めるようになったことからです。

今までは正月、お盆などの長めの休みの時に体重が増え、その後節制して元の体重に戻すというパターンでしのいできました。

最近はそうもいかず気が付けば体重がMAXの状態のままになってしまいました。

年齢とともに基礎代謝量が落ちてくると言われていますが、まさにそれが原因だと思い知らされました。

このままではヤバイなと思い筋トレを始めましたが、自分に甘いのが人間、なかなか継続することができません。

きつくなるとすぐに止めてしまいます。

塾に行かずに自分の力で何とかしようとする生徒と同じですね。

勉強しようと机に向かっても他のことが気になってすぐに集中力切れてしまうのとまったく同じです。

そんな時に友人がパーソナルトレーニングに通い始めたと聞き、早速紹介してもらいました。

たいよう接骨院パーソナルトレーニング

巷で話題のライザップはとても高くて通えませんがこちらはお値打ちな価格設定です。

体験トレーニングを受けてやれそうな感じだったので週1回通うことにしました。

塾の無料体験授業を受けてカウンセリングをしてもらい入塾を決めるのと同じ流れです。

自分でやっているときは苦しくなると止めてしまいますがパーソナルトレーニングでは横にコーチが付きっきりでサポートしてくれるので途中で止めることができません。。

「あと5回頑張って!」

横で声をかけて場合によっては補助してくれるので何とかできます。

生徒に声かけをする講師と同じです。

塾でも出来た時には「がんばったね!」「すごいじゃん!」と声をかけて生徒のモチベーションを上げるようにしています。

トレーニング中は正しいフォームで出来ているか常に確認してもらうことも大切なことです。

フォームがよくないと効果が半減するそうです。

正しい勉強法をしないと時間をかけた割には成績が上がらないのと同じです。

勉強法だけでなくノート取り方、姿勢など気になるときは小まめに注意しています。

トレーニングに通うのは週に1回ですが、そのことによって意識が高まり自宅でも筋トレができるようになりました。

ここが結構重要だと思います。

正直なところ塾で行う週1~2回の授業だけで成績を上げることは難しいです。

塾に通うようになって勉強に対する意識が高まって学校の課題以外にもテストに向けて普段から勉強をする。

学校の授業も積極的に受けて課題も自主勉をつける。

塾としてはこうなることを目指しています。

パーソナルトレーニングはまだ通い始めて1か月、どのくらいで効果が出てきますかと尋ねたところ

「3ヶ月くらいたつと効果が実感できるようになります!」

とのこと…

ここも塾と同じですね。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。