入試直前にやること

こんにちは、南中・丹中専門の個別指導塾の修徳ゼミナールです。

入試まで1週間になりましたがこの時期の塾として取り組みについて書きます。

学年末テストが終わり中学3年間の学習内容が終わった後にやることは2つです。

過去問演習と模擬問題演習です。

1.過去問演習

4年分を新しい年から遡って解いていきます。

平均点が公開されているので自分の得点がどのくらいの位置にあるのかが判定できます。

修徳ゼミナールでは2回廻り解けるようにスケジュールを組んでいます。

2.模擬問題演習

問題形式に慣れることが重要です。

同じ問題が当日出ることはまずありませんが、時間配分が出来るようになれば当日落ち着いて問題に取り組むことができます。

修徳ゼミナールでは3種類の模擬問題を準備しています。

過去問、模擬問題をやる目的

志望校に合格するために当日取るべき点数の目安が個人ごとに目標として決めてあります。

個人ごとに得意、不得意があるので合計点をクリアーするためにどの教科で何点取るかを割り振りします。

各教科ごとに目標点数を取るために3つに分類します。

  1. 必ず正答する問題
  2. 出来そうだったら取り組む問題
  3. 捨てる問題

この見極めが大切です。

満点を取る必要はないので自分がとらなければならない点数を得点できるようにひたすら問題を解き、抜けている部分を補充していくくことが大切です。

残り1週間である意味勉強することより重要なことがあります。

体調を整えること!

これに勝るものはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。