理科実験教室 開催しました

こんにちは!

南中・丹中専門の個別指導塾の修徳ゼミナールです。

12月14日16時から第65回目になる理科実験教室を開催しました。

小学5~6年生が10名集まり

今回はクリスマスカードと万華鏡をつくりました。

お世話になっている家族に向けて感謝の気持ちを込めて作りました。

どの生徒も真剣で予定していた時間では収まらず20分ほど延長してしまいました。

その後万華鏡の製作に取り掛かりました。

外側に絵を描いてミラーのシートを貼り、三角柱の形に組み立てます。

底にトレーシングペーパーを貼り、ビーズ、ホログラフィックシートを入れて完成です。

完成した万華鏡を回転させて模様が変わるのを楽しみました。

万華鏡の仕組み

回転させながらのぞくだけでだけで美しく変化する模様が楽しめる不思議な筒「万華鏡」、美しく変化する模様の正体は、鏡に写った像です。

鏡と鏡を合わせると鏡の中にもう一つ鏡が映ります。

その鏡の中にもう一つの鏡が映っていて、さらにその鏡の中には鏡が・・・となり、反射は無限に繰り返されます。

万華鏡は筒の中全部が鏡でおおわれていますので、まさにこの状態です。

これと同じような像は三面鏡で合わせ鏡をしても見ることができます。

万華鏡は江戸時代に日本に伝えられたと言われており、錦眼鏡、百色眼鏡と言われて親しまれていたそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。